手編みバッグと南部菱刺し『グルグルと菱』

いわてチャグチャグ馬コの里から手編みバッグ『梨の実』と南部菱刺し『わたや』の2人が作ったものを紹介します。

菱刺しきんちゃく袋 【うろこ紋】

こんばんは。わたやです。

先週のすてきにハンドメイドの藍の布で作るミニバッグに
触発されて刺していたきんちゃく袋のうち
一つだけ形になりました。
c0302005_17463671.jpg
糸の色も図案も似てるけどちょっと違う
二つの巾着袋です。

c0302005_19250560.jpg
こちらは反対側です。
仕立てたら、バランスが悪いような?

生地の厚さも生地の色もさまざまのきんちゃく袋が
まだまだ続きます。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

8/29(火)~9/3(日)銀座清月堂画廊 『贈る』展 ピンクッションアート展示

9/30(土)イオンモール盛岡『秋のカントリーフェスタ・ストリート』に参加します。

わたやの栞ができました。

[PR]
Commented by yamazou13 at 2017-08-09 16:36
nashinomi-watayaさん
私はこういう風に布の中に模様を配置するのが苦手なのでいつも羨ましいなと思いながら見ています。
同じ名前の模様でもお大きさが変わっていくところが目数を数えて刺す模様の面白いところですね。
いつか総刺しではなく模様をうまく配置してみたいです。
Commented by nashinomi-wataya at 2017-08-09 23:49
> yamazou13さん
コメントありがとうございます。
びっしりもいいのですけど、菱を一つずつ刺したいときもあって、刺しかけがいっぱいです。
全体の構成を考えてから刺し始めるというのが苦手で、いつも行き当たりバッタリになってしまいます。
総刺しは重く見えがちですが、越後屋さんが刺したものはそうは見えないところが魅力的ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nashinomi-wataya | 2017-08-07 20:53 | わたや | Comments(2)